MENU

3分で身に付く!自宅での白髪染め5つの方法

もし自宅で白髪染めを行う際には下記の事を注意しておくと失敗が少なくなりますよ。

 

パッチテストから始めよう

まず、自宅で白髪染めをしようと思うのであれば、全て自分の責任になりますからまずはパッチテストで、自分の肌に合うかどうかを判断しましょう。
パッチテストは48時間経過しなければ結果が出ませんから、白髪染めする2日前に行うと良いでしょう。

 

 

ムラにならないように

自宅でセルフ染めをする場合に最も苦労するのがムラになるのを防ぐことです。
色ムラが出来やすいのは均一にクリームが塗れていないからです。
コームやクシを使って、生え際から後頭部までしっかり均一に塗布するようにしましょう。

 

 

タオルを肩にかけておくこと

また、白髪染めでショートヘアであるという人でも、ロングヘアの人はもちろんですが、肩にタオルをかけておき、衣服などに塗料がつかないようにしましょう。
顔などはクリームで保護しておきますが、ついた場合でもクリームの保護がありますからクレンジングですぐに落とすことが可能です。

 

 

すぐ手に届くところに道具を置くこと

自宅で染めるとなると、一旦椅子に座るとなかなかそこから動くことが出来ません。
ですから椅子からすぐに手の届くところに一式、白髪染めアイテムを置いておく必要があります。
鏡や染料、クシ、コーム、手袋などがあります。

 

 

シャンプーなら最も安心出来ます

また今では白髪染めもシャンプーで白髪染めが出来る時代ですから、自宅でムラなく染めるのが苦手、というより分からない、出来ないかもしれないという自信のない人は、最初からシャンプータイプやトリートメントタイプを選ぶと良いでしょう。
一度にしっかり塗ることが出来ますし、洗い流しも通常のシャンプーと同じなので、二度手間にならずに済みます。